LIVE SCHEDULE

2020/1/9(THU)@東新宿真昼の月夜の太陽!! NEW !!

『aibee企画』

■open 18:45/start 19:15
■チャージ 3000/3500yen(前/当)+1drinkorder別
■出演:オガワマユ、水ゐ涼、aibee(gt.那須寛史、dancer.篠原生樹子)

*お友達のシンガーソングライターaibeeちゃんの企画にお呼ばれです。ダンサーさんの出演もあり、たのしみな夜。
出番トップバッター19:15〜

http://mahiru-yoru.com/

*ご予約こちら→https://ws.formzu.net/sfgen/S55886805/

2020/2/29(SAT)@浜松K-mix本社1F Space-K !! NEW !!

『K-mix アーティスト ひな祭りコンサート “ピアノのまちからこんにちは”Vol.2』

■open 14:00/start 14:30(終演 19:30予定)
■チケット 前売4,800円(税込、全席自由) ※当日券5,300円(税込)
※入場はチケット整理番号順
※未就学児入場不可(幼児同伴も不可)/小学生以上はチケット必要
■出演
井上侑、コントラリーパレード、つだみさこ、オガワマユ、kainatsu
オープニングアクト: 紫乃
スペシャル・シークレット・ゲスト:?????


*K-mixでレギュラー・プログラムのパーソナリティを務める女性ピアノ弾き語りシンガー・ソングライター5名がspace-Kに全員集合!KAWAIのプレステージモデル「Shigeru Kawai SK-5」に向き合って、思い思いの世界を描く、シンプルだけど贅沢な時間をお届けします。
盛況のうちに終了した2019年3月2日の初回に続き、2020年春にも開催決定!
前回のコンサートをもって産休に入った、たなかまゆ(コントラリーパレード)の産休明け初ライブともなります。
また、今回5人に加え、崎山蒼志、諭吉佳作/men、そしてRitomoを輩出した「神谷宥希枝の独立宣言ザ☆オーディション」のVol.6(2014年)にてソロ部門グランプリを獲得した伊東市出身の大学生ピアノ弾き語りシンガー・ソングライター、紫乃がオープニング・アクトとして出演(10月からレギュラー番組「紫乃 あの時の月のように」 土 19:55~20:00 もスタート)。
さらに開催日当日までリスナー、観客はもちろん、出演アーティストにもその名前を全く明かさないスペシャル・シークレット・ゲストが、国民的大ヒット曲を携えて登場!!
初回以上のインパクトで皆さまを魅了します。

*詳細→https://www.k-mix.co.jp/200229-piano

*チケット
11月4日(月・振休)12:00より
(1)K-mixオフィシャルサイト専用予約フォームで予約受付(料金はコンサート当日会場窓口で支払い)
(2)出演アーティストのライブ会場物販コーナーでチケット実券販売

2 / 212

オガワマユ公式サイト

オガワマユ Official WEB


TOP
2ndアルバム発売によせて

オガワマユさんの新作『day break day』を、ひと足先に聴いております。

1stフルアルバム『love&pop』・ミニアルバム『lyrical』いずれも素晴らしく
愛聴盤となっていますが(もちろん良い意味で)本作は異質な印象を受けました。
過去の作品が、シンガー/ソングライターとしてのオガワマユが手掛けたもので
あるとしたら、この2ndフルアルバム『day break day』は、作曲家としての
オガワマユが仕掛けた作品のような印象でしょうか。言うなれば。

意識的とさえ思える、楽曲のバラエティーと、予定調和になりがちなサウンドを
打破するようなエネルギー。アルバム全体を見通して作曲できる人にしか創る事が
できない作品ではないかと思われます。

「COOL にして HOT」
そんな死語さえも、今ここに甦ってしまう程、本作に相応しい賞賛の言葉です。

 
おんがくのじかん:菊池

「day break day」を聞いていると、
じんわりと、でも確実に、想像力の成長に役立ちます。
クッキリとした色彩が勢いよく走り抜け、
大空と風景が飛び跳ねる。
そう、次から次へと飛び跳ねる。

「day break day」を聞いていると、
じんわりと、でも確実に、元気の薬になります。
耳を澄ましているだけで、景色が広がり、
闇から闇へと光が走り抜け、明日が見えてきます。
例えば朝に聞けば、心も一緒に目覚めるから、
背伸びがいつもよりも高くに届きます。
例えば眠れない夜に聞けば、不安だった記憶に届くから、
寂しくなんてなくなります。
心が躍る、そして時々チクリと刺さる。

「day break day」名作です。
何度も聞きたくなるよ。

 
きだしゅんすけ(作曲家 / Little Lounge*Little Twinkle)

まず最初に三年ぶりのフルアルバム『day break day』リリース本当におめでとう!!!
ご縁あって今いち早く音源を聞かせてもらっているのですが、
大傑作ですよ。
1stフルアルバム『love&pop』の制作のお手伝いを僕はさせてもらったのですが、
今作はよりポップに大胆に、だけど彼女の最大の魅力である美しすぎる旋律とハーモニーの関係は健在。より磨きがかかっております。
もちろんきっと苦悩はあれど、自らが課したハードルをいつも結果的に軽々と超えてゆく彼女を
一音楽人のはしくれとして脱帽ですし、心から尊敬しております。
少しでもこの素晴らしい作品がたくさんの人に届きますように

 
清野 雄翔 (harmonic hammock/キーボーディスト/アレンジャー)

わー最高だ!!オガワマユが居て私は本当に良かった!!
信じられる音があって幸せ!!
マユちゃんのピアノが清潔に鳴り、声が剥き出しに震える、ハーモニーが安心と不安を行き来する、いつも生まれたてみたいな音楽。
嘘が無い。こんなに嘘が無い女は本当に稀有で、愛してる。

 
つるうちはな

とびきりの愛をうたっていても甘くない潔さがあって
毒を感じるのに濁っていない
凛とした、澄んだ音楽。
これまでもずっと それがわたしの大好きなオガワマユだと思っていたけれど、やっぱりそうだなぁと今日も思う。
決して見捨てないやさしさにふわっと包まれて、突き進んでいく強さを与えてくれる名盤です。

嬉しくて愛しくて聴くたびに胸がきゅっとなるよ。
ありがとう。だいすき。

 
none* ( [lifter] )

このアルバムは、彼女にとって大きな意味があると思う。
1stからずっと聴いてきて、アレンジの緻密さや演奏力が一段と増し、完成度が非常に高い。
そして、希望や喜び、絶望や苦悩を乗り越えたであろう言葉のひとつひとつは、今の彼女の集大成として心に刺さる。

 
山口洋輔(ベーシスト/アレンジャー)

(敬称略、五十音順掲載)

×